実は怖い?薬が持つ副作用

甘くみてはいけない、薬の副作用

そもそも副作用とは?

様々な薬の種類がある様に、副作用にも多種多様な症状があります。 その全てを把握することは難しいです。 しかしながら、副作用の中でも、比較的症状が分かりやすいものも存在します。 基本的な症状ではありますが、まずはそれらを把握し、対処できるようにしていきましょう。

症状の分かりやすい副作用について

薬を服用した際に起きる副作用とは、薬の効果で得られることを期待した作用(主作用といいます)以外の作用が体に起きることをいいます。

ほとんどの方が感じたことがあるであろう副作用として、「眠気」というのが挙げられます。
例えば、「鼻炎アレルギーの薬を飲むと、鼻水は止まり楽になるが、眠くなる」といった症状が代表的だと思います。
これは、この薬の成分がアレルギー症状の改善にも働きますが、同時に中枢神経にも働いてしまい、副作用として眠気が出てしまうということがあることを表しています。
このように、少し厄介な存在である副作用ですが、見方によってはとらえ方が変わる場合もあります。
前述の「眠気」を例にすると、運転や大事な予定や仕事がある人にとっては、とても困ってしまう作用ではありますが、ゆっくりと休みたい人にとっては、眠気は非常に良い効果といえるのではないでしょうか。
自身が置かれている状況において、どのような薬の服用が適切なのかという点をしっかり把握できていると、主作用も副作用も、良い効果につながるのではと思います。

最近では、薬そのものの構造を変化させたり、薬の吸収方法を研究するなどの成果により、副作用はずいぶん少なくなりました。
しかし、それでも個人個人の反応の違いなどで、副作用が出る場合もあります。

中には、生死にかかわるような副作用も存在しますので、決して簡単な気持ちで薬を服用することはやめましょう。
専門家の意見や指示を仰ぐのはもちろんですが、自身でも事前に知識をつけておくことが大切なのです。

市販薬は気軽に服用するべきではない

法律の改定などで、今では簡単に手に入るようになった「市販薬」ですが、大きなメリットとともに、とても危険なデメリットもあると自覚しなくてはなりません。 医師や薬剤師から処方される「処方薬」とは違うということを、把握して覚えるようにしなくてはなりません。

あまり知らない薬の保存と処分

薬にも使用期限や保存方法、また処分のやり方があります。 食べ物などとは違い、目に見えて腐ってしまうみたいなことはあまりありませんが、例えば、処方された薬が余ったからなどの理由で取っておくなんてことはやめましょう。 副作用を把握するには、まずは正しい薬の知識と扱いが必要です。